英語を得意分野

英語をもっと好きにさせてあげるべきです

英語を勉強させてあげたい気持ちがたくさんで溢れるぐらいの気持ちがあるのは良いことですが、それをすべて子どもに押し付けてしまうのはやってはいけないことです。
というのは、親が出来ないから子どもができるようになって欲しい、このような願望や期待を子どもに過度に与えてはいけないということを理解してもらいたいのです。
このようなことをしてしまったら子どもは英語が嫌いになり、そして親を嫌うことになります。
これは教育とは言えません、ただの強要です。
気持ちが高ぶるのも無理はありませんが、将来を考えてあげるのであれば子どもがいかに英語に興味を持ってくれて、好きになってくれるかということを真剣に考えてあげなければならないのです。
そして子どもが英語を好きになってくれる方法があります。
それは親自身も英語に実際に触れて子どもと一緒に成長をすることがとても大切なのです。
親を見て子どもは育つというのはまさにそのことを言っているものなのです。
そうなるとすればあなた自信も英語をできるようにならなければいけません。
それを子どものためにと思うかはあなた次第になるかもしれません。
自分以外の英語のできる人に任せてしまえば英語ができるようになるのではと思っている方もいるかもしれませんがそれは間違いです。
なぜならば親にしかできないことというものがあるからです。
それは何かというと愛情です。
愛情は親にしか子どもへ注いであげることができないものです。
愛情を注いであげることが何よりも大切だということは親にだって分かるはずです。
それは決して子ども教育をするには欠かせないことだということをしっかりと覚えておくべきなのです。