天才を育てる教育論

教育は正しい方法を知っているかどうかがすべて

今すでに成人をむかえている私たちはラッキーな時代に生まれることができました。
就職難と言われながらも現実に仕事につけないことなどなく、働き口があり、働けば給料をもらうことができ、それで生活ができます。
しかし、まだ成人を迎えていない、これから成人を迎える子どもたちの将来はどうだろうか。
本当に仕事があるのだろうか。
そして生活をするだけの給料をもらうことができるだろうか。
こうやって考えていくと、そこに明るい話題は一切なく暗い話題ばかりが出てくるものです。
子どもの将来を考えると不安でならない、これは親ならば誰もが共通して抱える悩みです。
だからこそ教育に力を入れるべきではないでしょうか。
将来仕事に困らないだけのスキルを教育で身につける。
将来生活に困らない仕事につけるだけのスキルを教育で身につける。
これをしておくかしておかないかで子どもの将来は決まってしまいます。
私たちが子どものころ必要とされたスキルと現代必要とされているスキルは大きく異なります。
今では英語・IT・会計と言われています。
つい10何年前では英語とITと言われることはありませんでした。
しかし、今では会計を追い抜いて英語とITが主力スキルとして社会人には求められます。
私たちが子どものころでは英語やITがこれほど重要視されるとは考えるよしもありませんでした。

それが今ではこれほど重要になっています。
私たちが学んできたことをそっくりそのまま子どもに教育をしてもそれはすでに時代遅れです。
子どもの教育のために親も進化をする必要があるのが今の時代です。
親も英語を学び、そしてITも詳しくなければ教育などできるわけがありません。
このサイトを通してこれからの時代で活躍する天才を育てる方法を学んでいきましょう。